甘粕正彦





1.甘粕事件

甘粕事件とは、大正12年9月におきた関東大震災のどさくさに紛れて無政府主義者の大杉栄、伊藤野枝、甥の橘宗一が憲兵大尉甘粕正彦に虐殺されたとされている事件で、高校の日本史の参考書にも出ています。

一般的には、「甘粕が軍の行った罪を被った」と言われていますが、具体的に誰の指示で行ったかは明確ではありません。しかし、「周蔵手記」では上原勇作の命令であった事が書かれており、その裏事情も書かれています。

10月大森の上原邸を訪れた周蔵は、大杉殺害事件について、初めて上原元帥の心中を伺った。単刀直入に
「甘粕さんはどうなりますか?」
と尋ねたら、元帥は、事も無げに即答した。
「心配なか。まず4,5年の辛抱であろうが、ワシの眼の黒いうちに、何とでもなりもす。子供まで殺ったと新聞は非難しておるが、人の口には戸はたてられぬ。言いたか奴には言わせるしかなか。しかし、いつの世でも、軍の行うことは同じである。どんな争いでも、終結段階においては、小さい生命をも奪うのは、定石である」
「とにかく、無政府主義はこれで終焉じゃ」
この言葉で、周蔵は甘粕大尉が誰の命令に従ったのか、はっきり覚った。これは避けることの許されない上官の命令なのだ。自分もいつかは何かしなければならない、と周蔵は自覚した。
(ニューリーダー 11月号より)

周蔵手記によると、大杉野枝の二人は、無政府主義を唱えながら実は、内務大臣後藤新平の「」であったとの事です。大杉の命令で野枝は青山学院の教会に潜入し、上原元帥の愛人の兄ポンピドー牧師を探っていました。
大正9年に甘粕は、密かにポンピドーと上原元帥の愛人の娘と一緒に渡仏していました。大正12年2月大杉は密航して渡仏しますが、その時も後藤新平に金をせびっています。渡仏の目的は、上原勇作ポンピドーらとの関係を探り、甘粕の秘密渡仏の足跡を探ることでした。目的を達成して帰国した大杉は、後藤にその内容を報告しました。このことにより、大杉、伊藤は大震災が無くても早晩、上原の意向で処分される立場にあったと落合氏は書いています。
ここで大震災は奇貨というべく、上原は戒厳司令部に命じて、大杉らを殺害させる一方、甘粕にその犯行を被らせた。甘粕は甘粕で大杉宅を捜索して、後藤との関連をしめす証拠を見つけ、後藤の上原に対する負い目を作ったとの事です。

後藤新平大杉栄の親密な関係は、ビギナーズ向けの「断影 大杉栄」 竹中労著にも下記の2点に関して書かれています。

1)大正5年杉山茂丸(「ドグラマグラ」の作者である夢野久作の父で政財界に隠密ルートを持ち孫文の辛亥革命を助けた怪人)の紹介で大杉栄は、後藤新平から300円を手に入れた。
2)大杉は、法華経をフランス語に翻訳するアルバイトを後藤新平から請け負っていた。

無政府主義者と内務大臣との上記のような関係は、尋常ではないと思われますが、それに関して深く言及したものがないのは不思議です。これまで、大杉虐殺に関して軍の関与は言われてきましたが、具体的な名前は挙がっていませんでした。周蔵手記が上原勇作の関与を指摘している事は重要だと思います。戒厳令の出された9月1日だけ帝都治安の最高責任者として石光真臣がまかされた事も重要です。(9月2日からは、福田雅太郎大将が関東戒厳令官となる)これまで紹介してきたように周蔵手記では、甘粕正彦石光真臣真清兄弟は上原勇作の股肱であった事を明らかにしています。

以上まとめますと、大杉栄殺害に陸軍が関わってきたことは確かですが、今まで言われてきたような単純な「無政府主義者に対する弾圧」ではなく、上原勇作、甘粕正彦周辺を調査していた大杉栄(後藤新平の意向)に対する上原・甘粕の私怨が絡んでいたと言う事です。

●事件に関する「周蔵手記」の記述

九月末ヒ
何ト書ケバヨヒカ 分カラヌガ
大杉榮 終ワル。
甘糟サンガ 全テヲ カブラル。 自分ノ知ル限リ 無政府主義ハ 下向キニ ナリツツアル。
マフ長クハ 続クマヒト 聞ヒテヰタ。
アヘテ甘糟サンガ 共ニナリ ヤル必要ヲ良シトシナヒ クラヒハ自分ニモ分カル。

新聞報道ナルモノハ 正ニ許サレン。噂話ヲ 拾ヒ集メ デッチ上ゲ 甘糟サンノ 人物ヲ ネジマゲテヰル。
判官ビヒキト 新聞ガ 民衆ヲ アヲギタテ 甘糟サンヲ 完全ナル悪人ニ シタテアゲテヰル。

(大正十ニ年)二月末ピ
甘糟サン 懲役十年トノコト。閣下云ハルニ 長クモ 四、五年トノコトデアッタガ ト残念。
恩赦デモアレバ ヨヒガ 十年ハ長ヒ。

(大正十三年)正月
甘糟サン 千葉ノ刑務所トノコト。相談事アリ、面會ノ方法ヲ調ブルコト。

二月末ヒ
甘糟サンヲ 訪ヌル。元気サフデ 大層喜バル。
「時間ガアッタラ イラシャヒ」ト云ワル。有難ヒ。救ワル。
話シハ「佐伯ガフランスヘ行ッタカ」ト聞カル。去年十一月頭頃 行ッタトヰフ。
「知ラナヒ人間カラ 手紙ガ來ルカモ知レナヒカラ サノトキハ 持ッテヰラッシャヒ」ト云ハル。
行ッタ人間ノ 様子ニヤッテ手紙ハ來ルカラ 疑問ナクバ 來ナヒトノコト。

甘糟サンハ 悪評高キモ 然シ 無政府主義ノ連中ハ 自然壊滅ノ様ト ナッテキテヰル。
大杉一人ガ ヰナクナルト スグ 壊滅状態ニナリツツアルハ 正ニ 正シカラザレバ展カレヅ
トヰッタトコロダ。


このHPに関する感想はメールでお願いします。

甘粕に戻る

Mainページに戻る

(Since 2000/06/03)